お知らせ news

Dr. Mizuta visited China from April 5th to April 10th.  First, Dr. Mizuta gave lectures in English to the faculty members and graduate students of the graduate school of Tianjin University of Foreign Languages about Comparative Literature Studies and the Cultural Studies of the Other”Culture of the Other and Basic Personality and Character Building.”  Then in her second lecture, she gave her lecture in Japanese to about 50 graduate students who are studying Japanese language at the Tianjin University of Foreign Languages, the title of her lecture was “Japanese Language and Japanese Culture: its Significance.”
Then we moved to Wuhan University where the 8th World Conference of the Women University Presidents on the 7th of April.  About 50 women university presidents from about 154 countries gathered.  The main theme was Women, Humanity Studies, and Global Education Program.  In This forum, Dr. Mizuta was one of the 8 Round Table speakers.  On the 9th of April, Dr. Mizuta was honored to be one of the 6 recipients of the Life Long Honors as Woman Presidents of the World.  They awarded the honorable title of the Life Long Honorable Woman University President to Dr. Noriko Mizuta and 5 others, who were 70 plus years of age.  It was a wonderful encouragements for all the women over 70 years old who have contributed to the global education, humanity studies, and Women’s Studies.
社団法人国際メディア女性文化研究所代表理事水田宗子所長と、理事和智綏子副所長は、2018年4月5日から10日まで中国の北京、天津、武漢を訪問した。これは天津外国語大学での特別講演と、武漢大学で開催された第8回世界女性学長会議に水田所長が招待された事によるものである。天津外国語大学では学長を表敬訪問し、研究所との協力関係を結び、天津外国語大学大学院の約100名の教員と院生たちに対する特別講演が開催された。一つは、英語による講演で、比較文学の研究と比較文化の研究について「他者の文化と基本的パーソナリティと人格形成」と題するものであった。水田所長の専門分野に関するレクチャーであり、英語による質問や討論が活発に行われた。もう一つは、天津外国語大学の日本語専攻の大学院生と教員に対する日本語による「日本語と日本文化:その重要性」と題する講演であり、その中には詩と詩人たちについてのお話もあった。日本文化における日本語と文化伝達の道具としての詩歌についてであり、具体的には、それは水田所長が大連や天津の詩人たちとの交流の中で続けてこられた「四行連詩」の文学評論であり、聴衆は四行連詩の面白さに瞳を輝かせて聞き入っており、講演の後は、水田所長をかこみ、自分たちも是非とも連詩をやりたいとの熱意を伝えてきた。武漢大学における第8回世界女性学長会議は、二〇〇八年には東京の城西大学、城西国際大学で開催もした由緒あるもので、今回は54か国から150名の女性学長が集まった。今回の特徴は、長年女性の大学学長としての貢献と業績を讃えて、水田所長をはじめとする六名の女性が終身女性大学学長賞を受賞されたことである。七〇歳以上の女性で長年大学学長あるいは理事長として世界的な貢献と業績のある素晴らしい女性たちがその栄誉を讃えられたのは、大学で教員として、研究者として働く女性たち全てにとって、素晴らしい励ましとなる栄誉書であった。(写真を添える)この第8回世界女性大学学長会議では、水田所長は8名の女性大学学長によるラウンドテーブル会議で教育と人間形成と人文科学教育の重要性についてのスピーチをされた。

 

DSC_0067

 

DSC_0058

group photo of 8th WWUPF.jpg

研究所シンポジウムチラシ20180414

研究所設立記念シンポジウム

  • 2018414日(土曜日)午後1時~5
  • 日本女子大新泉山館 大会議室

シンポジウムタイトル「21世紀の人文科学と大学教育:大学改革と人間形成」

 

開催者挨拶 水田宗子所長・代表理事

 

パネリスト 巽孝之・荒木勝・上野千鶴子・

中沢けい・芦辺拓・阿木津英

 

*登壇者肩書き

 巽孝之 慶應大学教授・アメリカ学会会長・

三田文学会長・ポオ学会長

荒木勝 岡山大学名誉教授・前副学長

上野千鶴子 元東京大学教授・NPO WAN理事長

中沢けい 作家・法政大学教授

芦辺拓 作家・本格ミステリ作家クラブ/日本推理作家協会/日本SF作家クラブ/歴史時代作家クラブ

阿木津英 歌人・短歌結社「八雁」編集発行人

 

The iiMWS Symposium

Commemorating the Inauguration of the Institute

Humanities in University Education: University Reform and Education for Character Building

Saturday, April 14th, 2018 13:00~17:00

Venue: the Big Conference Room

Shinsenzan Hall, 1st Floor, Japan Women’s University

13:00 Opening Words: Dr. Noriko Mizuta, President iiMWS

13:10 Panel Discussion Session

Takayuki Tatsumi,Professor Keio University, American Studies Association President

Masaru Araki, Former Vice President and Honorary Professor, Okayama University

Chizuko Ueno, Former Tokyo Univ. Prof. WAN President

Kei Nakazawa, Writer, Professor, Hosei University

Taku Ashibe, Writer Japan SF Writers Association

Ei Akitsu, Poet, Editor and Publisher, the Yakari

Call for Papers

『比較メディア・女性文化研究』Vol.1, No.2

(刊行予定 2018年9月30日)の原稿募集について

締切 5月31日

A4横書き30枚まで 言語(日本語、英語、フランス語、中国語)

日本語の場合は英文要約、日本語以外の言語の場合は日本語要約

査読有り

The Journal of Comparative Media and Women’s Studies, Vol 1, No.2, IIMWS, September 30th, 2018

All papers are due by May 31st, 2018 Refereed

Length: maximum 30 pages (A4) font 12 points

Abstract in Japanese (if manuscript is in non-Japanese language)

Abstract in English (if manuscript is in Japanese)

 

イベントのお知らせ Up-coming Events

合評会・意見交換会

Review and Opinion Exchanges

 

1月31日 January 31st, 2018

4月April

7月July

10月October

11月30日 Novmber 30th

12月22日 December 22nd

広告